梅酒BITOのカウンター

店舗情報☆梅酒情報★                                                                                                                                                 

平田牧場関係

やった

ヒラボクキング優勝

G靴箸聾世─∪┐強いのが一頭いたから価値はでかいぞ。

すげー久しぶりに叫んだ

うひょ


悩みが増えました

J1のやまがたがJ2に降格が決定してしまいました。

あーあーあーああーあー

だって、来期は分かりませんが、現時点ではヒラボクがスポンサーなのですもの・・・


やまがた戦、嫌だ。

あーオレは来年どっちを応援したら

まー奇跡的に栃木がJ1に行ってくれれば良いのですが、

状況は・・・


来年は山形戦の前には栃木SCサポで店内が埋まるかも!

やまがた(ヒラボク)食い尽くせとか言って

以前は敵の地の梅酒を飲んでた事も・・・

嬉しい悲鳴なんだけど、嫌や


プラスに考えれば、ヒラボクの名が栃木に広まるとも言えるけど、

すげー複雑な名前の広がり方だな

グリスタで、やまがたのユニホームを見て、

『ヒラボク(平田牧場)って何か聞いた事ある、あっ、ぱかぱかじゃん』

こんな人は出てくるかもしれません。

やまがたが勝った日には、誰もお客さん来なかったりして??

うちのアホな弟に嫌味の一つでも言われそうだ!

ほんとにJ1に居て欲しかったなー。


ま、あくまでもスポーツですから。

栃木とやまがたと2チームでJ1に行く事願いましょう。



でも、叶うと、またJ1で同じ悩みが・・・

あーあーあーあーあーーあーーあーあーあーー

熱き男

今日はヒラボク三元豚の生産者の方達が来てくれました。



そしてその中で話しに挙がったのですが、

ヒラボク高崎営業所の若きエースAさんが先日何かの集まりで、

『世界のヒラボク』を目指しましょう!的な発言をしたみたいです。

そしてそれを聞いた上司のMさんは涙したとか。

オレはこういうの大好きだね。

本当に言葉に出来るAさんもかっこよければ、

それで涙できるMさんもカッコイイ。



そして、壇上のAさんは、予想以上の盛り上がりに舞い上がり、

何を話しているのか分からなくなった、ってオチがまた彼っぽくて!!


僕がいる環境は、僕が育つ環境として、昔と比較出来ないほど

良くなっている。本当にカッコイイ男達が沢山いるから。

それは生産者の方々一人一人の顔を見て、触れ合う事でも痛感できます。

仕事にポリシー持って、感動創造があります。


僕が出来る事は、もっともっと食べてもらって、もっともっと美味しいと

言ってもらうことでしょう。それが恩に報いる事だと感じました。


金曜日は震災後初の3組の予約が入りました。

とても多いとは言えない、3組が入らなかった。

その中の一組は新しいスタイルの宴会です。


まだまだキツイですが、上昇気流が来たと信じてみたいです。








おばーちゃんの一言

今日は夜の部開店して早々に80代のおばーちゃんとおじーちゃんに

来ていただきました。

そして何から何まで褒めていただきました。

まずはマメアジの唐揚げ。

おじーちゃん『うまい!!』

おばーちゃん『かわいい・かわいい』

そしてお米

おばーちゃん『本当に美味しいお米だわー』

そして大谷石

『凄い、いい雰囲気に作ってるねー』

そして

おばーちゃん

『こういうお店は経営戦略をしっかり練っているのよ』

すごっ(僕の心の声)

これが二人の会話の中で聞こえてくるもんだから

もう嬉しゅうて、嬉しゅうて。


もちろん直接でも、多大なるお褒めの言葉いただきました。

そして帰り際に、おばーちゃんが

『私、前に六本木に住んでいてね、平田牧場よく行っていたの

だから凄く気になってたの。でも、一人でくるのもあれでしょ、

今日この人が九州から来てくれたから来てみたのよ。ヒラボクさん

はいつも混んでますのよねー』と。


多分六本木だとミッドタウン店かと思われます。

やっぱり凄い

ただそういう思いで来てくれた方に、美味しいと言ってもらえるのは

これ以上無い喜びと誇りと自信になります。

そしてランチをやっていると告げると、

『あらっランチもやってるの?じゃー今度はお友達と来ますね。

今日はお肉食べれなかったし』(ヒラボク工房の方を召し上がってました)


なんか凄く嬉しい日でした。






嬉しいですね

先日、平田牧場の生産者の方が学生時代の恩師と友人と来てくれました。

恩師に自分が作った平牧三元豚を食べさせたいとの事で。

この時点で僕は凄く嬉しかった。

少しだけでも、彼に認めてもらえた気がして・・・


僕がヒラボク三元豚を預かって最後の仕上げをして、そして提供する。


それが恩師に食べてもらうと言う貴重な時間の中で、

来てくれた事が本当に嬉しい。



そして今日、他の生産者の方々が来てくれて、喜んでたよと伝言を

もらいました。

心の底から良かったと安堵しています。


今の時代飲食業は、良い事より悪い事の方が多いかと思います。

でも、僕は凄く充実しています。

沢山の関係者の方達にお世話になり、そして沢山の人たちに

美味しかったーと言われ、美味しい部分を一人で持っていって

しまっている気分のような!


まもなく、トチナビの特集にも掲載されます。

もっともっと平牧三元豚を沢山の方に食べてもらえるように、

『美味しかった』と喜んでもらえるように、頑張るぜー




新メニュー

5月に発売された『平田牧場おいしい豚肉料理』です。


そこで、今回メニューに致しました。

img106














その名も

『石川さんちの豚肉チーズ巻き揚げ』

せっかくだし、そのまま名前も使わせていただきましょう。

ただちょっと違うのは石川さんちがインゲンに対してうちはアスパラ。

シラネギに対して玉ねぎと、使用している素材の問題で改良してあります。

けど、基本は真似しました。

P7130015










まもなく登場です。(夜メニューです)

ミソカツが男性向き(もちろん女性も出ますが)ならば

こちらは女性に向くのかも知れません。

期待しております。

平牧三元豚の軟骨です

まだメニュー化されていませんが、

平牧三元豚の軟骨です。

軽く炙ると、香ばしい匂いと供に食欲?酒欲?を

誘います。

そんで、軟骨と聞くと固いイメージがありますが、

メチャクチャ柔らかい!

P7040221











少量で800円くらいになると思うので、

どちらかと言えば二次会向けのメニューでしょうか?

そうなんです、軽くつまめるヒラボク系の開発に力を

入れています。

同時に他の商品もですが。


今まで2ページだったヒラボク系料理を、一気に4ページに

するのが目標ですから、頭と腕をフル回転させています。

皆に美味しいと言われるように、頑張るぜー!!

ヒラボクソーセージ

40年の集大成『無添加へのこだわり』

日本の食文化“だし”で仕上げた究極のソーセージ
P6150194












サンプルをいただきました。答えは出ています。

はい、メニューにしますよ。


だってすげー評判いいんだもん!

情報源はfacebookです。

今日家に帰って、じっくり試食してみます



今ねー、ヒラボクシリーズのメニューを増加しようと思っています。

今まで2ページだったのを4ページに。

本来震災の頃やる予定だったのが、伸び伸びになっていましたが、

落ちついてきたので(お客さんの入りがです)、ペースを戻したいと

思いまして。


7月には間に合わせたいね!

まじ、楽しみにしていておくれ
過去の記事
最新コメント
ぱかぱかのline
友だち追加数
QRコード
QRコード