梅酒BITOのカウンター

店舗情報☆梅酒情報★                                                                                                                                                 

平田牧場関係

生産者

今日は栃木県のひらぼく生産者の方と野菜の関係の方に

来ていただきました。


終盤にIさんとH・Yさんにお話し聞かせてもらいましたが

本当に熱い思いが伝わりじwwwんと来たよ


僕は豚の事をわかってない。

多少知ってるとするなら、それは豚肉の事。


豚の環境の為に二人で熱く語る姿には惚れ惚れするよ


それももう飲めないほど酔っぱらっているのに

仕事のはなしだもん。どんだけ好きなんだよ!!

って突っ込みたくなるよね。


本当に男惚れだ。


ヒラボク生産者⇒ぱかぱか⇒子供たちやお客さん

これだけで良いのかもしれないね。

僕には熱い思いで育ててくれる生産者の方の顔も見えれば、

それを美味しそうに食べてくれる子供たちの純粋な笑顔も見れる。

凄く幸せな環境。


他所の店の中を覗くよりも、

この二つを見ていた方が僕も笑顔になれるんだな。


小さな子供の笑顔が一番答えに近い気がする。


僕には味方がいるんだよね。


嬉しかった事


昨日のランチにご来店してくれた方が

生産者直通ノートに書いてくれました。

ちょっと嬉しすぎるので、ブログに上げちゃいます。
DSCN3433

僕の中で大切な人と来たくなるお店作りってのが

一つのテーマにしています。

だからこそ、一つ一つの素材や美味しさにこだわるわけで。

昨今ランパスや安さだけが正しいランチっぽく言われちゃうだけに

こういった事が本当に励みになります。

こちらのお母さんに実際にも喜びの声を頂きました。

もっとも娘さんが連れてきてくれただけで

美味しさは100倍なのでしょうけどね(^_^)ニコニコ


ぼくもうちのおかんに食べて欲しかっただけに

本当に嬉しかったなー。


もうすぐ母の日です。

皆様親孝行しましょうね。

その際には是非ぱかぱかで!!笑

生産者直通ノート

ブログに書いたことあったかな?

多分無いと思うのだけど・・・



去年の12月から店内では生産者直通ノートってのができました。


普段美味しいって僕は言われますが、なんか申し訳なくてね。

やっぱり一番言って欲しいのが生産者の皆様に対してで

あって、でもお客さんが伝えられるはずも無く、

って感じで作りました。


でも、予想通りと言うかなかなか最初って書いてもらえないんですよね。


しかもいきなり否定まで書かれたりしてね。

ただそれも声なのでもちろん残しておいたのだけれど、

それを見たうちのお客さんが何人も

僕以上に腹を立ててくれるんだ(^^)

それが嬉しかったりもする訳で・・・


そしてね、3ヶ月経って少ーーしづつ増えてきました。

ふと見た時に、『あっ増えてる』って嬉しくなる。


こうなると、どんどん書きやすくなるのでしょうね。

本当に僕は生産者の方に対して、感謝の気持ちを

この現場の声を届ける事でありがとうを伝えたい。



僕も含めてですがデジタルが中心の世の中だけど、

自分の手で言葉を伝えるノートは、

日本人の温かさを凄く感じます。

テーブルにあって邪魔かもしれませんが、

小さな温もりだと思って、どうか見守ってあげてください。

そして、気が向いたら是非書いて下さいね。


本当の一言でも嬉しいものです。


日替わりサービス終了

8月よりランチが変わります。

日替わりサービスとして、

1280円のランチのどれかを⇒980円で提供させて

ただいてきましたが、7月末日で日替わりサービスを

終了させていただきます。


尚8月より下記の価格に変更させていただきます。

ヒラボク三元豚(150g)とろけるステーキ1380円
ヒラボク三元豚(150g)ミソダレステーキ1380円
ヒラボク三元豚(150g)王様の味噌カツ1450円
ヒラボク三元豚(150g)ロースカツ膳1650円

ご飯大盛はサービス・ご飯・スープ

ただね、日替わり廃止になる代わりに

常連様割りや栃ナビクーポン的な事で埋め合わせというか

お手頃にしてい
きたいとは考えています。

大きな理由としては、三元豚と平田牧場
の差別化も理由です。


本来三元豚と言えば平田牧場でしたが、今はあらゆる所で

使われて
います。僕としてもこの価格で来てもらえるのか

恐怖心はあります
が、ヒラボクを考えればまだ安いかと思います。



平田牧場の三元豚は、

本当にそういうお肉なのでどうぞご理解下さい。



商談会

今日はランチ終了後にマロニエに

『とちぎ食との農の商談会』

に行って来ました。

ヒラボク三元豚を生産している開拓農業の皆さんのブースが

目当てでした。
DSCN1880
DSCN1882
DSCN1892
DSCN1885DSCN1883
DSCN1891

そして

栃木県生産者MAP発見!!
DSCN1887
ぱかぱかのお肉はこの写真の方たちが生産してくれています。

僕は美味しい物を見つけてきているだけで、

『美味しかったよ』って言葉は、

本当はこちらの写真の皆様に伝えたいのです。


そして今日、

一口飲んでメニュー決定は
DSCN1890
これは流行るぜ。

いや、流行らせるぜ!!

甘いの好きな人・ジュース系のお酒が好きな人

笑顔になれるわいや。

すぐメニューにするからお楽しみに。



ヒラボク三元豚

フェイスブックの平田牧場のページにシェアされていたのですが

読んでみたら凄く分かりやすく書かれているので、

ぱかぱかで

『ヒラボクうめーーー』

とか、感動した事ある方は是非読んでみて下さい。

普通の豚と飼育方法から飼料まで違うのが分かるかと思います。

日経新聞ヒラボクの記事

やっぱりヒラボクが大好きです。

今から

先輩が来て麻雀になりました。

何年ぶりだろう?

麻雀。

ちょっと嬉しい。

昨日は
DSCN1430
TTKとTKNの皆様でご来店。

本当に・・・

声が大きい

しかも話しが熱い。


本当に僕にとってHOME

居心地の良い空間です。

熱き思いで作られてるヒラボク三元豚だから

僕もその想いごと受け継げる。

そしてお客さんにバトンタッチ。

結果

美味しい顔が出てくれることが

最高の喜びです。

こんな良い子には勝利の女神が付く事でしょう!!


がんばる

ステーキ宮様で

ビッグニュースです。

ステーキ宮様でヒラボク三元豚の焼きシャブランチが食べれます。

いやーすげー

これは非常に嬉しい。

一気に栃木でメジャーになるかもしれない。


前から言ってる三元豚とヒラボク三元豚は違うのだ。

本来価格ではなくて、こういった味比べで競い合いたいよね。

まっ味比べなら俺は負けないよ。


そして高価な豚肉の流通が栃木でも始まればいい。


もういいかげんデフレ終らせようぜ。

安くて不味いより、きちんとした物の時代に。

スーパーマーケットトレードショー

東京ビッグサイト行って来ました。

雪予報にはビビリましたが、暑い位の日差しでした。

DSCN0113










基本的に販売はせずに色々な所で試食&取り引きの交渉などを

行います。企業からするとPRの場ですかね?

DSCN0110










高崎事業所の皆様もいらっしゃいました。
DSCN0111










DSCN0108










DSCN0107










DSCN0112










そして色々な全国の物を試食しながら、何品か新メニュー候補も

見つかりました!

まーその辺はまだ書きません。

そして夕方から都内へ行って目の頭の保養を!



たださ、昨夜はかなり疲れたせいなのか、帰宅後

鍵を閉め忘れてしまいました。これは多分人生の中で初めての経験。


点検の王様だと思ってたのに、結構ショックです。


もっとも朝起きた時、そんな事になってるとは知らず、

玄関が微妙に浮いてるのが見えて

何?って思った。

そしたらさ部屋から『がさがさ』と物音がするんだ。



泥棒かと思って、バットとカメラを両手に取って

固唾を飲み込み部屋を開けてみると、

逃げてった。

初めて見たよ!

泥棒よりはいいや





DSCN0120










今日は

ランチ終了後にマロニエに行って来ました。

『食と農の商談会』みたいな感じだったかな?

ヒラボクのブースがあった為行ってきましたが、

県内の企業や生産者が集まった展示会みたいな感じです。

こういう場所はある意味ホーム!


特に心を掴んだ商品はありませんでしたが、みんな頑張ってるんだなー

と刺激になりますよね。


ただ少し面白い話を聞きました。


ヒラボクのブースで、

『三元豚、あーカナダ産とかもありますよね』と言われたみたいです。

もちろんヒラボクではありえないことですが、三元豚って言葉が

一人歩きしてしまった結果でしょうね。

消費者からするとヒラボクもカナダ産も三元豚って書いてあれば

同じく感じるという悲しい証拠になってしまいました。


デフレで厳しい時代だけど、

僕はヒラボクを絶対に継続していくよ。

これで駄目ならお店を諦められるからさ。

そういう自分の人生を賭けて選んだお肉であり、

企業だから。

それだけは、これだけゴチャゴチャ悩んでいる僕でも、

覚悟決めている部分かな。

お付き合い始めてもらって3年経とうとしているけど、

今でも言えるぜ!

最高の会社だ。



なーんか話しが反れた気がする。

まっいいか。

亀の子作戦で店はまだ生きている。

ぱかぱか杯も今年は中止になると思う。

今はお店を存続させることだけに集中する。

そして、これだけ苦しんでる今でも言うぜー

『あなたが言う安くていいねーは、あなたの給料を指す言葉です』

いいかげん気付かないかな!!

おれは正当なやり方で流行らせるんだ。

そして2回目の良い波を作れてこそ、良い、優れた経営者に近づくのだ。

芸人だってそうじゃん。2回目の人気が来る人は消えない。



今日のマロニエのブースの人たちは県内の企業だけあって

国内需要を考えた人たちなんだと思う。

だからホームなんですよ。

最後に、正直言って、

少ーしだけ上向いてきた気がする気がしないでもない・・・


過去の記事
最新コメント
ぱかぱかのline
友だち追加数