思い出す意味も込めて。




19の時かな?



20の時かな?




僕が初めて警察に捕まった場所。



おい!


犯罪ではないww


高速道路でのスピード違反。



赤いのが回って誘導されたインターが滋賀県の木之本IC。


恐らく相当出てた。

まー時効だと思うから書くけど、お巡りさんに

『あんたどんだけスピード出すん?止めといてあげたから』

と29Kオーバーで許してもらった。


『すいません』『ありがとうございます』を

繰り返していたけど、やはりショック。


それが木之本。




そしてその2年以内。


金沢から京都へ向かう途中、

雪で通行止めになり

初めて高速の通行止めを食らい高速を下されたのがまたもや木之本。



しかも、今みたくナビも携帯もない時代。


しかも山の中。しかも雪がぐあんぐあん降り続く。


恨んださ。



僕にとって木ノ本は憎き因縁の場所であり忘れられない場所。



しかも最近まで福井県だと思ってた。




けどさ、今は色々あった事を感謝してる。


あの周辺が賤ケ岳だったと言うこと。



その雪景色。そして山並み。

迷った分だけ忘れはしない。


まだ運転技術の未熟だった僕にとってはそれこそ戦でした。


もちろんスタッドレスは装着していたけど。


記憶では8号線に出るまでに一時間以上は迷ってた。


思い出した


京都記念に行ったんだ。

ミスターシービー産駒が1・2・3着だった?


調べてくる。





調べてきたよ。


1992,2,23日だ。

ミスターシービー産駒は東京の方だった。

目黒記念で1・2着と4着だった。


何か嬉しい、競馬でここまで出てくる現代、すごいよね。



話がすごく脱線したけど、


そんなわけでさ、木之本って本当に思い出深い土地。


そしてそれが賤ケ岳の近くって知って。


今大河ドラマの【江】を借りてきて見ているから凄く身近に感じます。


そういうトラブルでもなければ通過点でしか木之本に

そういう形でも景色を見れたのが、今では妙に感謝してる。


そしてその近くに小谷もある。


小谷もここ10年で3回行ってる。 ブログ内 浅井攻め&長浜

江の放送される前の年に行ったんだよね。


そしたら地元の校長先生が小谷城に来ていて

いろいろお話聞かせてもらっちゃって。自慢も込みね(笑)嬉しかったんだろうね。




織田信長公から始まり、市様、浅井長政公、

そして浅井三姉妹。


市様のやがて嫁ぐ権六様(柴田勝家公、晩年は北の庄城の城主、現福井市中心部)


含めると本当に福井と滋賀の県境にはドラマがありすぎて。



個人的には日本の最重要な家柄は浅井家だと思っている。

長政公も凄く魅力的だけど、

市様含めて三姉妹の動きで日本は変わったかと。




すげーーーーなーーー


たっだ

すげーーーなーーー。





そんな訳で


痛かった20歳の頃の出来事も

今では本当に感謝しています。