疑問1


 まず高齢者自体が増えている。10年前の高齢者と現在の高齢者。


 事故を起こす一人当たりの確率は増えているのか?


 高齢者の人口が増えれば、同じ確率でも件数が増えるのはあたりまえ。






 

疑問2 

マスコミによる印象操作ではないのか?



今は事故の記事が売れる。


特に園児と高齢者が絡んだら注目される。


本当に今までよりも増えているの?

マスコミが取り上げるから増えている気がするのでは?





まっ、競馬ファンの嫌らしいところで、

マスコミの言葉を鵜呑みにしないからね。



この馬で鉄板!なんて言いながら何度騙されたか?




本当に新免許やら高齢者用に免許を変えるなら、

あきらかに確立が変わったなど根拠を示さないと。



100人中1人が交通事故も

1000人中10人が交通事故も割合は一緒。



件数は変わる。


10年前が100人で、現在が1000人だとしたら、


言い方を作れば


10年前の10倍の事故件数になる。


でも確率一緒。




そして報道が一つしかなかったのを、注目されるから全部取り上げたら、


すげーーー増えた気になる。



全国で毎日すごく事故がある。

超単純確率で、

20代30代40代50代60代70代80代

と分けるなら、

7件事故があれば、2件は高齢者になる。


一日に全国で何件交通事故あるのだろうね?





30代〜40代が死亡事故やっても地方の新聞の片隅じゃないかな?




ハンドル握れば責任が生まれ、交通事故を起こさないようにするのは

大前提。


ただ今の騒ぎすぎは何か気持ち悪い。



僕もあなたも子供たちも生きていれば絶対に老後きます。


免許ないと地方都市は本当に困るんです。


また高齢者が事故やったーー


と、事故だけを見つめちゃダメな気がしますよ。