これ書いた事何度かあるけど。



最近連発で言われたので、


また書きたいと思います。



ぱかぱかで

『とろけるステーキ』という名前の

ヒラボク三元豚を焼いた料理があります。




これをステーキだから

牛じゃない?と思う方がたまにいます。


そして、あえて

『ポークソテーだよ』

と言ってくれる方まで。



いや、それに対して文句は一切ないの。


知らないわけだし、その場ではスルーする事が

多いのね。

うちらの知識を見せるのも微妙だし。




ただ、本来ステーキとは、

お肉などの固まりや厚みのあるものを焼くことを

差します。


牛ならビーフステーキが正式名称。


豚ならポークステーキ。


だから、大根やマグロ、豆腐なども

固まりであれば、それを焼けばステーキで

あっているのです。





そして、ソテーは、


一番簡単に言っちゃえば炒め物を差します。





野菜炒めは野菜ソテーでもいいし、


昔の豚肉はブランドもさほどなく、


薄切りにしたものが主流で


その薄切りにしたものと、野菜などを一気に高温で

焼き上げることが多かった為だと思いますが、

ポークソテーと言うことが多かったのだと思います。

(普通のしょうが焼きなどもソテーになります)


うちの場合、厚みがあるブロックを焼き上げるために


豚でもステーキという名前になっているんですよ。



どうですか?

納得してくれましたか?


ステーキとは厚切りの調理法です。


よゐこの皆さん、覚えておいてくださいね。


もし、その様な現場に出会わせた際には、


私は知ってるよ!



と少しだけ、どや顔することをおすすめします。





納得してくれたら、是非下のいいね!と

読者登録をお願いします。


何て、一回書きたかった(笑)