僕の初めて出来た友達のお母さんが

亡くなった。

幼稚園からの付き合い。

幼稚園脱走してた僕と仲良くしてくれた。

一緒に遊ぶべよと。

だから、幼稚園行けるようになった。

のち、タイツマン(笑)



彼の母親とうちの母親が仲良くて、

厳しいうちの親が唯一泊まりに

行かせてくれたのは彼の家だった。


だから、当然遠い記憶ではいつも

ご飯食べさせてもらったり、

お世話になってた。


そして、幼稚園から13年後。

うるせーババーだった。


どこかで会うたびに

『あんまり、お母さんに心配かけんじゃないよ』

と、小言ばかり。

でも、和田アキ子みたいに、

ズバッと言ってくるから、

嫌みな感じはなかったし、

怖いけど、嫌いじゃなかった。



最後に会ったのいつだろう?

五年位まえかな?


ありがとうとか何も言ってねーなー。


向こうに着いたら、

うちの母親とまたつるんでください。



まーた、うるさくなりそうだな(;゜∇゜)


だから、

安らかにじゃなくて、

やかましく、騒いじゃってください。

その方が似合ってる気がする。


ありがとうございました。